知っていると安心!着物の格とシチュエーション別選び方

訪問着
七五三と親御様衣装(訪問着)

「結婚式は着物で、と子どもからお願いされた」
「子どもの入学式や卒業式へ、着物で参列したい」など、セレモニーの衣装に着物を選ぶ例が少なくありません。

その一方で、普段から着慣れていない場合、どの着物を選ぶべきなのか分からず、頭を悩ませてしまいます。選ぶべき着物は、着る人の年代、立場、シチュエーションなどによって変わります。 自分にはどの着物が最適なのか、たしかめておきましょう。

シチュエーション別着物の選び方

着物には、シチュエーションに合わせた礼装、準礼装、略礼装があります。

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭に、親族として参加する場合は、礼装である留袖や振袖、喪服。

友人や知人、職場の人間の結婚式、披露宴には、準礼装である訪問着や色無地、一つ紋の江戸小紋、一つ紋の付け下げが一般的です。

カジュアルな結婚式や2次会、入学式や卒業式、七五三などは、略礼装の江戸小紋、付け下げ、小紋を選びましょう。

このように、着物にはそれぞれ格付けがあります。
また、セレモニーの会場によっても、選ぶべき着物は変わります。

子どもの結婚式へ参列する母親の場合、一流ホテルや一流レストランの場合は礼服である留袖を選びますが、カジュアルウェディングの場合は、準礼服で構いません。友人の結婚式なのに、親族と同じ格の高い留袖を選んでしまう、というのもNGです。式の主となる人との関係性、会場を考えた上で、最適な着物を選びましょう。

年代・立場に合わせた選び方も大切

振袖と帯

立場や場面に応じて、さまざまな着物の種類があることが分かりました。次は、それぞれの特徴をくわしくみてみましょう。

黒留袖

既婚女性の礼装である黒留袖。裾周りに美しい柄が入った、もっとも格式の高い着物です。
結婚式で着用する場合は、五つ紋として実家、もしくは婚家の紋を入れます。

色留袖

未婚女性の礼装である色留袖。最近は、既婚女性が選ぶ例も増えています。礼装にする場合は五つ紋ですが、三つ紋、一つ紋にして準礼服として着用もできます。

訪問着

結婚式や式典、結納、パーティーなど、幅広く使えるのが訪問着です。
美しい模様が着物全体に描かれた、華やかさあふれる着物です。品のある美しさを演出したい場面で選んでみましょう。

色無地

模様の入らない色無地は、紋を入れれば結婚式に、入れなければ普段使いにと、使い分けが便利な着物です。落ち着いた雰囲気のものが多く、年配の方から特に人気があります。お茶席やお稽古事に控えめで上品に表現するのはぴったりの着物です。

江戸小紋

江戸小紋

一見無地ですが、よく見ると繊細な柄が入っている江戸小紋。略礼装の着物ですが、紋をつけ礼装用の帯と合わせることで、準礼装の着物としても使用できます。小紋には鮫、角通し、行儀といった種類があり、鮫がもっとも格式高い柄となっています。

付け下げ

第二次世界大戦時に、訪問着が禁止されたことで生まれた付け下げ。シンプルで控えめな印象から。お茶の席や観劇、普段着として、愛用されている方が多い着物です。

略礼装ですが、紋や伊達衿をつけ、礼装用小物を選べば、準礼装としても着用できます。

小紋

小紋

幅広い柄が用意され、普段着としてカジュアルに着こなせる小紋。友人の披露宴やパーティーへの参列時に役立ちます。最近では京都観光で多くの方がお召しになっている着物です。着る機会を増やしたい、という方の入門用としてもおすすめです。

覚えておきたい着物の紋

結婚式など、格式の高い場では着物に紋をつけます。入れる数、位置に決まりがあり、一つ紋、三つ紋、五つ紋と紋の数が増えると、着物の格も高くなります。

結婚式などで着物をレンタルする場合、家紋とは別の、誰でも着用できる一般紋がつけられています。上から貼りつけられる貼り紋で、基本的には家紋へ変えます。

紋の入った着物は礼装扱いになるため、普段使いには適しません。気軽に紋を楽しみたい場合は、飾りとしての洒落紋を使用しましょう。

着物によって選ぶ帯の種類も変わる

着物を選ぶ際には、着物の格だけでなく帯選びも重要です。
礼装の場合は、金や銀、白などの色で折られた袋帯。

準礼装には織りの袋帯や格式の高い柄の名古屋帯や、綴織の袋名古屋帯。
略礼装にはフォーマルな織りや染めの名古屋帯を選びましょう。

帯がかわるだけで、着物の装いが大きく変化します。着物の種類、柄に合った帯をいくつか持っておくと、着物を着る楽しみが増やせます。

まとめ

冠婚葬祭や式典などで格式高い衣装を選ぶなら、着物が最適。

結婚式の場合は、参列する親族の衣装を事前にたしかめて、両家の格を合わせておくと安心です。購入する場合も、レンタルする場合も、シチュエーションや年齢に合わせた選び方が大切。豊富な柄、種類の中から、自分の魅力をいっぱいに引き出してくれる一枚を、見つけてみましょう。