4つの挙式スタイルと選び方を解説します!

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:0955.jpg
洋装 新婦

この記事では、挙式スタイルの選び方をわかりやすく解説します。

カップルが入籍する場合は挙式を行うのが一般的ですが、どの式場を選ぶかはケースによって異なります。チャペルや神社のほか、屋外で式を挙げるケースもあります。そのため、「どこで挙式をすればいいの?」と悩んでしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、挙式スタイルの種類や特徴を具体的にご説明しましょう。ぜひ最後までご覧ください。

結婚式を行う意味とは?

結婚式は世界共通の習慣であり、愛し合う2人が結婚の意思を確認するための儀式です。しかし、入籍にあたって必ず必要なものではないため、結婚式をしないという「ナシ婚」を選ぶカップルも増えています。

ただ、結婚式は単なる形式的なものではなく、新郎新婦の晴れ舞台です。新しい人生の幕開けを意味するものでもあり、非常に意義があります。家族同士の信頼も一層深まることから、いろいろな意味で大切な儀式であることは間違いないでしょう。

挙式スタイルの種類を解説します!

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:チャペル写真.JPG
チャペルウェディング

1.キリスト教式

キリスト教式とは、ホテルのチャペルや教会で行う結婚式のことです。牧師の指示のもと、イエス・キリストに愛を誓うというスタイルであり、指輪を交換するシーンはとても有名ですね。キリスト教を信仰していなくとも、大聖堂のバージンロードに憧れを抱いているという方にはおすすめのスタイルです。

2.神前式

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:resize7631.jpg
下鴨神社

神前式とは、神社で行う結婚式のことであり、神社婚などとも言われています。神社の場所に決まりはなく、伊勢神宮のような有名な神社から近隣の神社まで、幅広い選択肢から選ぶことができます。

おごそかな雰囲気が特徴であり、盛大なパーティーとは全く異なるものです。和装に身を包み、日本ならではの歴史と伝統を体感するスタイルになります。

3.仏前式

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:0794.jpg
圓徳院

仏前式とは、主に寺院で行う結婚式のことであり、参列者は親族のみとなります。お寺婚とも言われるこの挙式スタイルは、全体のケースとしては比較的少ないです。

基本的に、新郎または新婦が信仰する宗派の寺院で行うことになります。そのため、両家で十分に話し合った上で、どちらの宗派に合わせるかを決める必要があります。ただし、最近では宗派に関係なく挙式ができる寺院も増えています。

4.人前式

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:shutterstock_154233893.jpg
ガーデンウェディング

人前式とは、参列者に対して2人の愛を誓う結婚式のことです。最も自由度の高い挙式スタイルであり、場所に決まりがありません。ゲストハウスやレストランのほか、屋外でガーデンウェディングを行うケースもあります。演出なども自由に組み立てられるため、「本当にやりたかった結婚式ができた!」と感じるカップルも多いようです。人前式に馴染みのない参列者にはしっかりと事前にプログラムを説明しておくとより良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ご紹介したように、挙式スタイルにはいろいろな種類があります。どのスタイルにも特徴があるため、新郎新婦でよく話し合って決めることが大切です。段取りや費用面もよく検討した上で、悔いの残らない最高の結婚式にしましょう。