フォトウェディングと前撮りの違いとは?具体的なメリットも解説!

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:0971.jpg
フォトウェディング 洋装

フォトウェディングと前撮りの違いとは?具体的なメリットも解説!この記事では、フォトウェディングと前撮りについてわかりやすく解説します。

記憶に残る結婚式は魅力的ですが、写真という形で記録に残すことも大切です。また、2人の晴れ姿を収めた写真は、さまざまな形で活用することができます。

そこで今回は、フォトウェディングと前撮りの違い、そしてメリットを具体的にご説明しましょう。ぜひ最後までご覧ください。

フォトウェディングとは?

フォトウェディングとは、結婚式の代わりに写真撮影をすることです。そのため、多くのゲストを招く一般的な結婚式とは違うものになります。新郎新婦が結婚式の衣装を着用して写真を撮るだけという簡単なものですが、思い出として残すことができます。また、一般的な結婚式と比較した場合のメリットもいくつかあります。

Withコロナ時代に最適

フォトウェディングは新郎新婦2人もしくは少人数で、そして屋外でのロケーション撮影が可能なのでwithコロナ時代の新しいスタイルの結婚式として人気を高めています。ご親族の皆様も立ち会うこともできますのでゆっくりと思い出をお写真で残すことが可能です。Withコロナ時代に結婚式をお考えの新郎新婦にとって家族との絆をより深められる新たな選択肢になっています。

費用を削減できる!

一般的な結婚式でネックとなるのが費用面です。会場を抑えるのに必要な費用や、ゲストにふるまう料理の費用などがあり、トータルで300万円以上かかるケースも多いです。

その一方、フォトウェディングの場合は比較的リーズナブルであり、写真撮影や衣装にかかる費用などを含めても10~20万円以内に収まることが一般的です。

短期間で準備できる!

結婚式では、当日までに長期間の打ち合わせ、段取りや演出のほか、ゲストに贈る引き出物なども検討が必要です。

その一方、フォトウェディングの場合は1回か2回の打ち合わせが一般的で、大がかりな準備も必要ありません。比較的短期間で準備ができることから、「結婚式より新生活や新婚旅行に拘りたい」や「仕事が忙しくて沢山の打ち合わせは日程調整が難しい」という新郎新婦などにとって大きなメリットになります。

 前撮りとは?

名称未設定:Users:mainpc:Desktop:1362.jpg
フォトウェディング 和装

前撮りとは、結婚式に先立って写真撮影を行うことです。結婚式自体は行うことから、フォトウェディングとは大きな違いがあります。「わざわざ結婚式の前に写真を撮る必要あるの?」と感じる方も多いでしょう。そこで、ここでは前撮りのメリットを具体的に解説します。

結婚式の準備に使える!

前撮りにより、2人の晴れ姿を収めた写真を結婚式の前に用意できます。そのため、結婚式の招待状を2人の写真で作成することが可能です。また、式場に飾るウェルカムボードや演出ムービーにも写真を使えるため、結婚式に向けていろいろと活用できる点がメリットになります。

結婚式とは違う衣裳を選べる

結婚式の衣装と前撮り時の衣装を合わせる必要はありません。そのため、前撮りは「結婚式当日はドレスだけど和装にもチャレンジしてみたい!」「結婚式ではチャレンジしにくい大胆な衣装を着てみたい」などそれぞれの希望を柔軟に叶える事ができます。メッセージ性のある衣装でゲストを楽しませることもできるため、自由度が高い点は大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?フォトウェディングと前撮りは「写真」という点で共通していますが、実際には全く別のものです。フォトウェディングが結婚式の代わりを意味するのに対し、前撮りは結婚式に先立って行うものです。いずれにしても、新郎新婦の晴れ姿を写真に収めることで多くの使い道が生まれます。一生の記念にもなることから、盛大な結婚式をするしないにかかわらず、2人の写真は撮っておくことをおすすめします。